看板製作費用を抑える方法とは?予算内でオリジナルの看板を手に入れるコツ

公開日:2023/11/15  最終更新日:2024/03/12

限られた予算のなかで看板を製作したいと考えている人は、看板製作にかかる費用の相場から見ていきましょう。費用の相場を踏まえたうえで、コストパフォーマンスの高い看板を手に入れられるようにします。また、現在設置している看板の不満を明らかにしておきましょう。不満を解消してくれる看板製作会社を見つけてください。

【法人向け】看板製作業者ランキング第1位

看板制作にかかる費用の相場とは

看板の種類によって費用が異なります。自社に適している看板を見つけましょう。

プレート看板の場合

自社の前に設置する看板です。シンプルに社名だけ入ったものがよいでしょう。費用は15万円以上となっています。

袖看板の場合

通行人から見えやすいメリットがあります。道路に対して垂直方向に設置しているのが特徴です。夜間でも視認性をアップするために、内側に照明を取り付けることも可能です。20万円程度の費用が発生します。

スタンド看板の場合

費用は1~10万円程度となっています。折り畳み式の黒板タイプのものや、キャスター付きのものなどが販売されています。

スタンド看板を購入した後に、自分で黒板などにアートするようになっています。

シート看板の場合

費用を抑えたい、2階以上のビルに自社がある、足場を組むことなく設置したい場合は、シート看板がおすすめです。

窓にシート看板を貼ることで視認性が向上します。費用は高くても5万円程度なので検討しましょう。

ネオン看板の場合

こちらは5~10万円で設置できます。最近では、光熱費を削減するために設置されたLEDネオン看板をよく見かけます。

木製看板の場合

スタンド看板として使用されることが多いのが木製看板です。経年変化を楽しめるのが魅力でしょう。

ただし、ほかの材質よりも高額になるのが一般的です。30万円以上になることもあります。

コストパフォーマンスの高い看板を手に入れる方法

少しでも費用を抑えられるように工夫します。自社のロゴマークのデータを活用しましょう。

サイズを小さくする

サイズが大きいほうが目立つので潜在顧客にアピールできますが、そのぶん費用が高額になります。看板の製作費を回収できたタイミングで、サイズを大きくしても遅くないでしょう

素材を検討する

さまざまな素材があるので、こだわりたい人もいるでしょう。ブランドとして自社が広く認知されていれば、高級素材を活用する方法も有効ですが、集客に力を注ぎたい場合はできる限り費用を抑えましょう

たとえば、金属製のものよりもプラスティック製のほうが安くなります。

自分でデザインする

デザインの費用を抑えたい人は、自社のリソースを活用しましょう。自社のロゴマークのデータがあれば、看板製作会社に渡すことも可能です

デザイナーにデザインを依頼すると、費用の負担が増加してしまいます。

デザインや素材選びで知っておくべきポイント

何のために看板を設置するのか考えましょう。また、現在設置している看板の不満を解消できるようにしてください。

投資として看板を捉える

看板を設置した直後に効果を期待するものではなく、長い時間をかけて自社の存在を認識してもらうために設置します。そのため、備品や設備として捉えるよりも、投資として捉えるほうが適切でしょう。

なぜなら、潜在的な顧客に訴えるためのものだからです。そのためには、他社の看板のようなデザインや素材では認識されにくいデメリットがあります

自社の看板を潜在的な顧客に見つけてもらうための工夫が必要です。現在契約している看板製作会社が設置した看板を、投資として捉えられなかったのであれば、どの部分を修正しなければいけないのか明らかになっているでしょう。

ただ費用をかければよいわけではない

デザインや素材にこだわりたいと考える企業が多く存在します。ただし、広告費にも上限があるので、ただ費用をかければよいというわけではありません。

たとえば、アルミ看板にラミネート加工を施して、スポットライトを設置すると、16万円程度になります。自社が負担する費用は、看板製作費だけではなく、スポットライトを点灯するための光熱費もあります

費用をかけたぶん、顧客の数が増えなければ意味がありません。

投資した費用をすぐに回収できるようにする

たとえば、看板製作費に100万円を費やした場合、投資した費用をいつ頃回収できるのかの見込みを立てるべきです。そして、その時期は早いほうがよいでしょう

看板に投資する価値があるのかどうかを、看板を設置する前に判断しなければいけないので、判断に迷うことがあるでしょう。

現在契約している看板製作会社と、これから契約を考えている看板製作会社の違いを比較して検討しましょう。自社の得意分野を活かしてくれるのであれば、製作を依頼してください。

まとめ

自社の得意分野と看板製作会社の強みが合致すると心強いでしょう。看板の製作を依頼するときは、予算の上限も伝えておきます。また、現在抱えている不満や悩みも相談するとよいでしょう。実績が豊富な看板製作会社であれば、マーケティングの視点を持っているので、適切にアドバイスしてもらえます。投資した費用をすぐに回収できるように、これから準備を進めていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む
看板は企業の顔ともいえる重要な広告媒体です。しかし、その安全性を確保するためには、定期的な点検が不可欠です。定期的な点検を怠ってしまうと、事故の危険性が高くなり、法的なトラブルにつながる可能
続きを読む
和風デザインの看板にすることで、日本独特の風合いを演出できます。スタンド看板や電飾看板などがあるため、お店のコンセプトあったものを選ぶことで集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。そこ
続きを読む
看板製作関連コラム