看板製作を外注するメリットとは?デメリットとあわせてご紹介!

公開日:2023/01/15  最終更新日:2024/03/12

「自社店舗の看板を依頼する看板製作会社を見直したい」そんな悩みを抱える企業は少なくないでしょう。新たに看板製作会社を探している企業の方は、まずは改めて看板製作を外注で依頼するメリットとデメリットを知ることが大切です。この記事では、看板製作を外注するメリット・デメリットと、看板製作の外注先を選ぶポイントを解説します。

【法人向け】看板製作業者ランキング第1位

看板製作を外注するメリット

看板製作を外注すると、さまざまなメリットが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

自社商品やサービスをたくさんの人に知ってもらえる

看板を製作することで、自社商品やサービスをたくさんの人に知ってもらえる機会が増えます。たとえば、店舗に設置する看板の場合、遠くからでも見えやすい看板を設置すれば、店舗の存在をアピールでき、集客力アップにつながるでしょう。

宣伝費が抑えられる

看板は一度作ってしまえば長く使えるため、宣伝費のトータルコストを抑えられます。新聞や雑誌、CMなどで企業の商品やサービスの宣伝をすると、高額なコストがかかります。さらに、新聞、雑誌、CMの宣伝は一定期間のみしか使えず、新たに宣伝するたびにコストがかかるのです。それに比べると、看板製作は大幅に宣伝費が抑えられます。

自社のニーズに合った看板を作れる

看板製作は、看板の種類、看板のデザイン、設置場所まで、自由度が高いです。そのため、自社のニーズに合った看板を作れます。看板製作会社に外注をすれば、看板に関するノウハウと経験を生かして、自社のニーズに合った看板の提案をしてくれるでしょう。また、看板製作会社に外注することで、デザイン性の高い看板が製作できます。

看板製作を外注するデメリット

ここからは、看板製作を外注するデメリットを詳しく見ていきましょう。

更新しにくい

看板は、一度設置すると長く使える分、更新しにくいというデメリットがあります。看板をもう一度作り直すとなると、製作費用がかかってしまうからです。そのため、看板に掲載する情報は、更新があまり必要ない情報に限られてしまうのです。

メンテナンスが必要

看板を設置すると、定期的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスをしないままでいると、看板が錆びて劣化してしまったり、看板の電球が故障してしまったりといったトラブルが発生する可能性があります。そのため、定期メンテナンスは必須です。その際メンテナンスコストがかかってしまうのは、看板製作のデメリットといえるでしょう。

看板製作の外注先を選ぶポイント

看板製作会社を見直したいと考えている企業の方は、次はどんな看板製作会社にしようか迷っていることでしょう。そこでここからは、看板製作の外注先を選ぶポイントを解説します。

看板の種類

看板には、さまざまな種類があります。主な種類として

・電飾看板

・立て看板

・壁面看板

・カッティングシート

・アルミパネル

・懸垂幕、横断幕

などが挙げられます。自社のニーズに合った看板はどの種類の看板なのかを検討し、希望する種類の看板製作ができる外注先を選びましょう。

デザイン性の高さ

看板製作会社は、デザイン性の高さで大きな差があります。人の目を惹く看板を製作するためには、やはりデザイン性の高さは欠かせません。そのため、自社のニーズに合ったデザインをしてくれるかどうかをチェックしましょう。

アフターフォローの充実度

看板製作会社は、アフターフォローが充実しているところを選びましょう。先ほどお伝えしたように、看板はメンテナンスが必須です。看板を設置したらそれで終わりという製作会社だと、メンテナンスの際に別の業者に依頼しなければなりません。そのため、アフターフォローをしてくれる看板製作会社を選んだほうが安心です。

納期

看板製作会社の外注先を選ぶときは、希望納期に対応してもらえるかどうかもチェックしましょう。また、一言で「納期」といっても、さまざまな納期があります。看板を設置する納期なのか、デザイン原稿を仕上げる納期なのか、同じ納期でも意味がまったく変わってくるのです。

そのため、看板製作会社に依頼するときは、希望納期までにどのくらい製作ができるのかをきちんと確認しましょう。

制作実績

看板製作会社の外注先を選ぶときは、その会社の制作実績をチェックしてみましょう。実績が多いところのほうが、看板に関するノウハウや経験があるので安心して任せられます。また、実際に設置した看板の写真などがホームページに掲載されていることもあります。実績を見ると、どんなデザインの看板が得意なのかも分かるので、必ずチェックしましょう。

看板製作を外注するときの注意点

看板製作を外注するときは、いくつか注意点があります。必ず把握しておきましょう。

看板に関する条例を確認する

看板製作を外注するときは、種類やデザインを選ぶ前に、設置予定の地域の条例を確認しましょう。看板は、目立てば目立つほど店舗のアピールになります。そのため、なるべく目立って人の目を惹く看板を製作したいと思うでしょう。

しかし、看板の種類やデザインによっては、街の景観に影響するとして条例に反してしまい、せっかくの看板を撤去しなければいけないなんてこともあります。

設置資格を持った看板製作会社に依頼する

看板の取り付けには、資格が必要です。そのため、看板の設置資格を持った看板製作会社に依頼をしましょう。看板は、正しく取り付けられていないと落下や倒壊する恐れがあります。看板が落下や倒壊をすると、人を怪我させてしまうことになりかねません。

看板の設置資格を持っていない違法業者が取り付ける看板は、正しい知識がないことで落下や倒壊を招いてしまう恐れがあるため、必ず設置資格を持った看板製作会社に依頼をしてください。

万が一のときの保証制度を確認する

看板のノウハウと経験をもった看板製作会社に依頼をしても、看板が落下、破損してしまう可能性はゼロではありません。

管理資格を持った看板製作会社に依頼する

看板は、設置する資格のほか、管理する資格というものがあります。看板を設置した場合、看板の所有者は、資格を持った管理者を設置し、点検報告書を提出しなければならないのです。もし看板製作会社に管理資格がないと、別の管理者を探さなければいけません。その手間を省くためにも、管理資格を持った看板製作会社に依頼しましょう。

看板設置工事の際の近隣トラブルに注意

看板設置工事中は、近隣の店舗や住宅とのトラブルに注意しましょう。工事中の音が迷惑だとクレームをいわれてしまったり、工事車両が停まることで営業妨害だといわれてしまったりする可能性があります。近隣の店舗や住宅に合わせて、迷惑にならない時間に工事を行うようにしてください。

まとめ

看板製作を外注するメリット・デメリットを解説しました。契約する看板製作会社を見直したいという企業の方は、今一度メリットとデメリットをよく理解しましょう。

また、看板製作会社によって、看板の種類やデザイン性は大きく異なります。看板製作会社を見直して、より自社のニーズに合った看板を提案してくれる製作会社に依頼すれば、集客力もアップするでしょう。

まず相談をしたい方は、
この会社がおすすめ!
株式会社三昭堂
株式会社三昭堂の画像1
・多数受注の制作実績が豊富
・自社工場生産による制作コストの適正化
・確かな技術力で高クオリティ
・全国対応可能

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

屋外看板の製作において、シルク印刷はその特性から多くの企業に選ばれています。しかし、シルク印刷とは具体的にどのような印刷方法なのでしょうか?この記事では、シルク印刷の基本からその強みやデメリ
続きを読む
集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む
看板は企業の顔ともいえる重要な広告媒体です。しかし、その安全性を確保するためには、定期的な点検が不可欠です。定期的な点検を怠ってしまうと、事故の危険性が高くなり、法的なトラブルにつながる可能
続きを読む