依頼する前に看板製作の工程をチェックしてみよう!

公開日:2023/08/15   最終更新日:2024/06/04

依頼する前に看板製作の工程をチェックしてみよう!

現在依頼している看板製作の業者ではなく、ほかの業者にサービスを依頼したいと考えている人もいるでしょう。そのような人は今回の記事を参考にしてください。看板製作の工程を知っておくと、スムーズに進行するだけではなく、業者選びの参考にもなります。親身に相談に対応してくれて、こちらのニーズを満たしてくれる業者を見つけましょう。

【法人向け】看板製作業者ランキング第1位

看板製作の工程を知るメリットとは

顧客が思っているよりも工程が長くなっています。きちんと対応してくれる業者に依頼しましょう。

看板製作をスムーズに進めるため

業者がどのような工程で看板を製作しているのか知っておくことは大切です。看板製作をスムーズに進めるためには、業者に丸投げするだけではいけません。デザイン案の提出、デザインの確認、工事日程の調整など、さまざまな業務を業者と協力して進めていかなければいけないからです。

1枚の看板を製作するために時間がどの程度かかるのか理解しておきましょう。

業者選びの参考になるから

数多くの業者のなかから1つの業者に依頼することになります。業者選びの決め手を曖昧にしていると、打ち合わせの日程調整の連絡が入ってこないトラブルや、納期を過ぎてしまうというような被害を受ける可能性があります。

現在サービスを依頼している業者ではなく、ほかの業者を探している場合は、現在サービスを依頼している業者のデメリットを補ってくれるところを探しましょう。たとえば、費用が高額である場合は、リーズナブルな料金体系の業者を選択する方法があるでしょう。

そのほかにも、デザインのセンスが良くないと感じているのであれば、デザインに力を入れている業者を選択しても良いでしょう。

確認しよう!看板製作の工程とは

いくつもの工程があります。業者から連絡が入ったときは速やかに対応しましょう。そのような対応が工期短縮に繋がります。

問い合わせ

気になる業者を発見したら問い合わせましょう。疑問点をそのままにしないようにします。現在依頼している業者との相違点を調べておきましょう。

現地調査

基本的に無料で現場まで足を運んでくれますが、有料サービスとなっている業者もあるので注意しましょう。現地調査で正確な見積もりを出してもらいます。

見積もり

費用面だけではなく、スケジュールやデザインの候補も確認しましょう。いつまでに看板の完成を求めているのかにより、料金プランが変更となる場合があります。

デザインの決定

デザインに詳しい人が社内にいない場合は、業者のアドバイスを素直に聞きましょう。デザインは企業の売上や認知度にも影響を及ぼすので、適当に決定しないようにします。

看板の製作

顧客が想像しているよりもたくさんの工程があるので、できる限り早くデザインを決定しましょう。看板の取り付け日が決定すると連絡が入ります。

看板の取り付け

高所作業車や誘導員などが必要になる場合があります。また、悪天候時は作業が延期になる場合もあるので理解しておきましょう。

完成

仕上がりを確認します。看板を取り付けているネジに緩みが無いか確認するのも顧客の責任です。

メンテナンス

定期的にメンテナンスして、見た目を綺麗に保つだけではなく、安全性を確保するようにします。

看板製作の工程をスムーズに進めるには?

業者と協力して看板製作を進めていきましょう。

インクジェット出力

こちらは印刷方式の1つです。インクジェットシートを使用します。こちらのポイントは、看板製作に適した材料を選択することです。業者からアドバイスをもらう機会がありますが、最終的には自分で決定しなければいけません。

そのため、メリットやデメリットを丁寧に説明してくれる業者に依頼しましょう。材料を変更するだけで完成図が大きく異なるので、慎重に検討してください。

カッティングシート加工

こちらは耐水性に優れているので、屋外に看板を設置する際に有効です。デメリットは、文字数が多くなるとそのぶんコストが発生することです。予算の範囲を業者に伝えておくと良いでしょう。まずは見積もりを依頼してください。

ラミネート加工

看板のデザインを長期間変更することなく使用したいと考えている人におすすめです。水や汚れから看板を保護してくれます。

マルチカット

自社の存在を目立たせたいと考えている人に有効です。特に、同じビル内に複数の企業がテナントとして使用している場合や、繁華街のように看板を目立たせないと自社の存在に気付いてもらえないときに有効です。立体サインをはじめ、さまざまなサインを製作できるので、興味のある人は問い合わせてみましょう。

この際、看板の完成図と自社のイメージが一致するようにしてください。目立たせることばかり考えていると、かえって逆効果になる場合があります。

まとめ

現在サービスを依頼している業者ではなく、新しい業者を検討している理由を挙げてみましょう。その後に、どのようなニーズを満たしてくれる業者にサービスを依頼したいか考えるようにします。看板製作の工程は長いので、業者と良好な関係を維持できるように努めてください。

看板は完成して終了ではありません。メンテナンスも怠らないようにしましょう。気軽に相談できる業者がおすすめです。

まず相談をしたい方は、
この会社がおすすめ!
株式会社三昭堂
株式会社三昭堂の画像1
・多数受注の制作実績が豊富
・自社工場生産による制作コストの適正化
・確かな技術力で高クオリティ
・全国対応可能

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

海の美しい景色と共に、海岸沿いの看板もまたその魅力の一部です。しかし、潮風に含まれる塩分が引き起こす塩害は、これらの看板に大きな脅威をもたらします。今回は、塩害の基本から、海岸沿いの看板に適
続きを読む
屋外看板の製作において、シルク印刷はその特性から多くの企業に選ばれています。しかし、シルク印刷とは具体的にどのような印刷方法なのでしょうか?この記事では、シルク印刷の基本からその強みやデメリ
続きを読む
集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む