看板製作でよくある失敗とトラブルとは?依頼前に知っておきたい予防法

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/07/05

自社に看板を設置するためのノウハウが無いと、看板製作会社にすべてを委任することになります。しかし、自社のスタッフも知識を養うようにすることで、トラブルが発生する確率を下げられます。これまで契約していた看板製作会社ではなく、新しい看板製作会社を探している人は、今回の記事の内容を参考にしてください。

看板制作でありがちなトラブルとは

看板製作のトラブルが発生しています。このようなトラブルに巻き込まれないように、複数の看板製作会社に見積もりを依頼しましょう。料金体系やサービス内容などを比較して検討できると、誤った選択をする確率が低下します

設置した看板が条例に引っかかってしまった

看板は、自社の好きなようにどこにでも設置してよいとは限りません。必ずエリアの特性を踏まえて設置しましょう。

無資格の看板製作会社に依頼した

看板の取り付けには資格が必要なので、違法業者に依頼しないように注意しましょう。名刺を受け取ったときに、保有資格が記載されていれば安心です。

看板が落下して破壊した

看板は、雨風や紫外線の影響を日々受けているので劣化してきます。そして、通路に人がいた場合は、怪我や死亡事故を引き起こしてしまいます。万が一のトラブルを防止するために、補償についても確認してください。

屋外広告物に管理責任があることを知らなかった

製作から管理までワンストップで依頼できる看板製作会社を選択しましょう。スタッフが保有している資格を確認してください。

看板を設置しているときにクレームが入った

看板を設置する前に挨拶しておきましょう。また、近隣店舗の営業時間を踏まえて、営業時間外に工事を依頼したほうがよいでしょう。

よくある失敗から学ぶ看板制作の秘訣

スタッフの資格の有無、看板製作会社のこれまでの実績、アフターフォローも含めた契約の締結がポイントです。

屋外広告士の資格を保有しているスタッフが在籍している会社に依頼する

看板を設置するエリアによって、色、サイズ、高さに制限が設けられている場合があります。そちらの基準を満たしていないと、看板を設置しても撤去しなければいけません。

こちらは屋外広告士の専門領域なので、資格を保有しているスタッフが在籍していると心強いでしょう

看板製作会社の構造設計能力の確認は重要なポイント

建築士の資格を保有しているスタッフが在籍している看板製作会社であれば、気兼ねなく施工を依頼できます

看板は設置して終了ではなく、きちんと管理しなければいけません。まずはきちんと施工してくれるかどうかを見極めましょう。

看板製作会社のこれまでの実績を確認する

自社の得意分野と看板製作会社の強みがマッチするとよいでしょう

現在設置している看板のどの部分に不満があり、どのように修正してもらいたいのか明確にしておきましょう。すると、興味のある看板製作会社が見つかり、実績が豊富であれば相談できるでしょう。

設置工事のときに許可を得ているか確認する

行政の設置工事の許可が下りていないと、屋外看板の設置ができません。技術的な側面だけではなく、法律的な側面も踏まえて対策を講じている看板製作会社を選定しましょう。

確実な運用まで担保した契約を締結する

看板を設置するための費用は、安ければ5万円程度、高くても20万円程度でしょう。ただし、こちらは看板の製作と設置の費用なので、確実な運用まで担保した費用ではありません。

可能であれば、定期点検や看板デザインの修正などにも対応してもらえる契約を締結しましょう。たとえば、1年ごとにデザインを変更したいときや、ネジの締め付けを依頼したいときなどに便利です。

看板制作での失敗を防ぐ方法

一度設置すると簡単に撤去できないので、先を見据えてデザインを考えてください。価格や営業時間などは変更になる場合があるので、記載するときは注意しましょう。

気候の特徴を把握して対策する

看板が耐久不足により、劣化して落下するのを防止しましょう。劣化の進行スピードは素材の影響が大きいので、できる限りダメージが蓄積されない素材のものを選択してください

また、塩害などの被害が予想されるときは、気候の特徴に合わせた看板を設置しましょう。

文字の大きさや色などを考慮する

ある程度遠くからでも文字が見えるのが理想です。そのため、文字の大きさや色などを考慮しましょう。この際、周辺環境にマッチさせることも大切です。自社のロゴマークの色を用いてもよいでしょう。

先を見据えてデザインを考える

看板製作工事に依頼すると、デザインから設置まで早ければ1~2週間程度で完了します。看板の設置が完了すると、長期間その看板を使用して営業することになります。そのため、先を見据えたデザインを考えましょう。

まとめ

現在設置している看板に不満がある場合は、それを解消してくれる看板設置会社を探しましょう。この際、スタッフの資格の保有状況、これまでの実績、看板製作会社の強みなどを確認します。直接細かいニュアンスを伝えたいときは、現地の見積もりを依頼しましょう。自社の細かい要望に対応してくれるかもしれません。長い間看板を設置するので、アフターフォローにも対応してもらいましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

和風デザインの看板にすることで、日本独特の風合いを演出できます。スタンド看板や電飾看板などがあるため、お店のコンセプトあったものを選ぶことで集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。そこ
続きを読む
看板工事のタイミングを夜間に設定することには、様々なメリットとデメリットが存在します。交通のスムーズさや安全対策、ビジネスへの影響、スタッフの作業効率など、夜間工事の選択には検討が必要です。
続きを読む
看板製作・施工は、数々のステップを踏みながら進行しますが、その中で発生するトラブルは避けられません。本記事では、看板製作業者がよく直面するトラブルとその回避策、そして信頼できる製作会社の選び
続きを読む