広範囲・大量生産向き!シルク印刷は屋外看板に最適?

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/01/17

?

屋外看板の製作において、シルク印刷はその特性から多くの企業に選ばれています。しかし、シルク印刷とは具体的にどのような印刷方法なのでしょうか?この記事では、シルク印刷の基本からその強みやデメリット、どのような看板に適しているのかをくわしく解説します。気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもシルク印刷とはどんな印刷方法なの?

シルク印刷はその名のとおり、もともと絹(シルク)のスクリーンを使用していたことに由来します。

現在では、主にポリエステルやナイロン製のスクリーンが用いられています。シルク印刷の特徴は、スクリーンの網目を通してインクを押し出し、特定のデザインを生地や紙に転写することです。

シルク印刷のプロセス

シルク印刷のプロセスは、まず始めにデザインのスクリーンへの転写です。

このスクリーンは、印刷したいデザインの形状に応じて、インクを通す部分と通さない部分に分けられます。印刷する際には、スクリーンの上にインクを置き、スキージ(ゴム製のヘラ)を使って均一に押し広げます。

これにより、インクはスクリーンの網目を通過し、下に置かれた素材に転写されるのです。

シルク印刷の強み

シルク印刷は、看板製作において広く利用される印刷方法です。

特徴としては、耐久性と色の鮮やかさが挙げられますが、ほかにも多くの強みがあります。以下に、シルク印刷の主な強みをくわしく解説します。

高い耐久性

シルク印刷の最大の特徴は、高い耐久性です。

屋外での使用にとくに適しており、長期間にわたって色褪せや劣化が少ないため、看板やのぼり旗などの長期間の使用に最適です。これは、インクが布地や他の素材に深く浸透するため、色が長持ちすることに起因します。

色の鮮やかさ

シルク印刷は色の発色が非常によく、鮮やかな色彩を表現できます。

とくにブランドイメージを強く打ち出したい企業にとって重要な特徴です。明るく目を引く色使いは通行人の注意を引きやすく、効果的な広告となり得ます。

大量生産に適している

シルク印刷は大量生産にも向いています。

一度版を作成すれば、同じデザインを繰り返し印刷でき、大量の看板やのぼりの効率よい製作が可能です。これは、コストパフォーマンスを重視する企業にとって大きなメリットです。

デメリット:単品や少量生産には不向き

シルク印刷にはデメリットも存在します。

そのひとつが、単品や少量生産には向かないことです。版を作成するコストがかかるため、少量ではコスト効率が悪くなります。そのため、少量のカスタムメイドの看板を作成したい場合には、ほかの印刷方法を検討する必要があります。

デメリット:複雑なデザインに制限がある

シルク印刷は複雑なデザインや細かい文字の印刷には向いていません。

版の製作過程で細かいディテールが失われる可能性があり、シンプルなデザインに適しています。複雑なグラフィックや細かい文字を含むデザインを求める場合は、デジタル印刷などほかの方法が推奨されます。

以上の点を踏まえ、既に看板製作会社と契約している企業であっても、新たな看板製作会社を探す際には、シルク印刷の特性を理解し、自社のニーズに合った印刷方法の選択が重要です。

耐久性とコストパフォーマンスを重視する場合はシルク印刷が適していますが、少量生産や複雑なデザインが必要な場合はほかの方法を検討することをおすすめします。

シルク印刷はこんな看板におすすめ!

シルク印刷は、特有の技術と特性を活かして、多様な用途に適応できます。

とくに、広範囲にわたる屋外看板や大量生産が必要な看板において、その効果を発揮するのです。以下に、シルク印刷が特に推奨される看板の種類とその理由を紹介します。

屋外での長期使用に適した看板

シルク印刷は、耐候性に優れているため、屋外で長期間使用される看板に最適です。

日光や雨風にさらされる環境でも色褪せしにくく、鮮やかな色彩を長期間維持できます。たとえば、店舗のファサードや道路沿いの大型看板など、目立つ位置に設置される看板には、この印刷方法が推奨されます。

大量生産に適した看板

シルク印刷は、一度に多くの看板を製作する際にも効率的です。

版を作成すれば、同じデザインを繰り返し印刷することが可能で、大量生産が必要な場合にコスト効率がよい方法です。イベントやキャンペーンで使用されるのぼり旗やポスターなど、一時的に大量に必要とされる看板に適しています。

特殊なデザインが求められる看板

シルク印刷は、特殊なインクや効果を用いたデザインにも対応できます。

金属光沢のあるインクや蛍光色、さらには立体的な印刷効果を出すことも可能です。目を引く独特のデザインを実現したい場合にも、シルク印刷は有効な選択肢です。

環境に配慮した看板

最近では、環境への配慮も重要な要素です。

シルク印刷では、水性インクや環境に優しい素材を使用することも可能で、エコロジー志向の看板製作にも対応できます。とくに、環境に配慮した企業イメージを打ち出したい場合には、この点も大きなメリットです。

以上の点を踏まえると、シルク印刷は多様なニーズに応えられる印刷方法であり、とくに屋外での長期使用や大量生産、特殊なデザインが求められる看板や環境に配慮した看板製作において真価を発揮します。

まとめ

シルク印刷は、耐久性とコストパフォーマンスの高さから、屋外看板製作において非常に有効な印刷方法です。ただし、特性を理解し、適切な用途での使用が重要です。製作数によるコスト効率の低下やデザインの制限がデメリットとして挙げられ、適さないケースもあるからです。看板製作会社を選ぶ際には、シルク印刷の特性を活かせるかどうかを考慮する必要があります。

 

 

まず相談をしたい方は、
この会社がおすすめ!
株式会社三昭堂
株式会社三昭堂の画像1
・多数受注の制作実績が豊富
・自社工場生産による制作コストの適正化
・確かな技術力で高クオリティ
・全国対応可能

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

屋外看板の製作において、シルク印刷はその特性から多くの企業に選ばれています。しかし、シルク印刷とは具体的にどのような印刷方法なのでしょうか?この記事では、シルク印刷の基本からその強みやデメリ
続きを読む
集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む
看板は企業の顔ともいえる重要な広告媒体です。しかし、その安全性を確保するためには、定期的な点検が不可欠です。定期的な点検を怠ってしまうと、事故の危険性が高くなり、法的なトラブルにつながる可能
続きを読む