和風デザインの看板を製作するにはどうすればよいのか

公開日:2024/02/15   最終更新日:2024/03/12

?

和風デザインの看板にすることで、日本独特の風合いを演出できます。スタンド看板や電飾看板などがあるため、お店のコンセプトあったものを選ぶことで集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。そこで本記事では、和風看板について解説します。和風看板は、お蕎麦屋さんや懐石料理屋、喫茶店などで使われています。

【法人向け】看板製作業者ランキング第1位

和風デザインの看板は?  

既存の看板を和風デザインに変えることで、売り上げアップに繋がります。

和風看板や看板そのものの効果について解説します。

和風看板の魅力

和風看板は、日本を象徴する「和」をコンセプトにした看板のことです。

和風看板にすることで、日本の伝統や格式高さを印象づけられるため小料理屋や料亭、古民家カフェなどで用いられています。お客さんがお店を決める際は、看板の雰囲気やデザインを重視することもあるので集客力や売り上げに直結します。

看板は集客力をアップさせる

看板は通行人の目に入るものなので、デザイン次第ではただの通行人をお客さんとして招き入れる集客アイテムになります。

お店のコンセプトや価値を看板に込めることで高い訴求効果を発揮し、利益アップに繋げられるでしょう。また、看板を一度設置すると24時間いつでも宣伝活動していることになります。テレビCMや広告掲載も可能ですが、高額な費用がかかるのがネックです。

しかし、看板は安価な費用で長期間に渡り宣伝効果が得られることから、コストパフォーマンスに優れているといえます。

和風の看板の種類

和風看板について理解を深めることで、今よりもデザイン性・機能性に優れた看板に巡り会えるでしょう。

和風看板の種類を5つご紹介します。

和風のスタンド看板

和風のスタンド看板とは、自立型タイプの看板のことをいいます。

主にお店の前に設置されることが多く、通行人の視線に入るようどっしりとした安定感のフレームが特徴です。また、マーカーボードや黒板タイプの看板もあるので、手書きでおすすめメニューなどを自由に書けます。

和風のメニュースタンド看板

和風のメニュースタンド看板は、商品メニューやお品書きを書くための看板です。

和風のスタンド看板と同様に、お店の前に置くことで宣伝効果を得られます。一押しメニューや売りたい商品が入店前に分かるので、来店を促進できます。お蕎麦屋さんや喫茶店などでよく見られる看板です。

和風の電飾スタンド看板

和風の電飾スタンド看板は、看板に記載している情報を電球で照らしてくれるので視認性に優れています。

一押しメニューを明るく照らすことで、暗い時間帯でもお客さんの視界に入りやすくなるのが魅力です。電飾なしの看板であれば、夜になる暗くて看板が見にくくなります。そのため、電飾なしよりも電飾ありの方が集客力アップに繋がりやすいでしょう。

のれん

のれんとは、お店の入口上部に設置されている布製看板のことです。

地面に直接置くスタンド看板と違い、お店の入口に掛けるため遠くからでも目立ちます。また、のれんが普及したのは平安時代末期といわれているので、歴史が長く、より日本の伝統を取り入れたいお店におすすめです。

のれんの長さは、半のれん(56cm)や長のれん(1m60cm)などのサイズがあるためお店のコンセプトに応じて選ぶといいでしょう。

提灯

提灯は、お店を明るく照らしてくれる役割があり、ロゴマークやイラストを入れられるのが特徴です。

提灯があることで、お店の和テイストな外観とマッチし、日本ならではの世界観を演出できます。耐久性に優れたビニール製の提灯や、独特の風合いが魅力の和紙製のものがあるのが特徴です。昔ながらの居酒屋や高級感のある懐石料理屋などで重宝されています。

和風の看板を作るには  

和風の看板を作るときのポイントや、製作会社の選び方をご紹介します。

和風の看板を作るときのポイント

看板は、お客さんにお店のイメージを知ってもらう重要な役割があるので、コンセプトにあった看板作りが重要です。

お店の外観や内観、全体の雰囲気にマッチしたデザインを選ぶことで集客に繋がります。アットホームな雰囲気を演出したいのであれば、手書きでおすすめメニューが書かれたスタンド看板がいいでしょう。

また和風な雰囲気を強調したいのであれば、大きめサイズのれんが適しています。看板の種類や文字サイズ、設置場所なども考慮しながら作成してください。

製作会社の選び方

見積りの内訳が分かりやすい製作会社を選ぶといいでしょう。

発注者からすると何にいくらかかっているのか教えてくれる方が安心できます。高い方が集客に繋がるわけではないので見積り額の説明は重要です。材料や看板の寸法、デザインによって価格が変わるので、大雑把な内訳しか教えてくれない会社は信頼性に欠けます。

看板製作費の相場

看板製作費の相場は10~35万円ほどです。

お店の前に気軽に置けるスタンド看板で10万円ほど、夜でも明るく照らしてくれる電飾看板は15万円程度です。また、店頭の上部に設置する壁面看板であれば約35万円となるため、種類によって費用が前後することが分かります。

製作会社によっても費用に差が出るため、複数社で相見積もりをとることでコストを安く抑えられます。

まとめ

本記事では、和風看板について解説してきました。和風看板は居酒屋や懐石料理屋などで使われていることが多い伝統的な看板です。お店のコンセプトにあった和風看板を選ぶことで、集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。また、看板にはスタンド看板や電飾看板、のれんなどがあるため特徴を理解したうえで種類やデザインを決めてください。製作会社に看板を発注する際は、見積りの内訳をしっかり説明してもらいお店にあったデザインを重視しましょう。

 

まず相談をしたい方は、
この会社がおすすめ!
株式会社三昭堂
株式会社三昭堂の画像1
・多数受注の制作実績が豊富
・自社工場生産による制作コストの適正化
・確かな技術力で高クオリティ
・全国対応可能

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

海の美しい景色と共に、海岸沿いの看板もまたその魅力の一部です。しかし、潮風に含まれる塩分が引き起こす塩害は、これらの看板に大きな脅威をもたらします。今回は、塩害の基本から、海岸沿いの看板に適
続きを読む
屋外看板の製作において、シルク印刷はその特性から多くの企業に選ばれています。しかし、シルク印刷とは具体的にどのような印刷方法なのでしょうか?この記事では、シルク印刷の基本からその強みやデメリ
続きを読む
集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む