看板ができるまでどれくらいかかる?看板製作の納期について解説!

公開日:2023/01/15  最終更新日:2023/01/10

デザイン性が高く素敵な看板は企業アピールのために役立ちますが、製作にあたってはどのぐらいの日数を要するのでしょうか。そんな疑問があるでしょう。今回の記事では「看板製作の納期」に関して詳しく解説します。デザインや製作など、工程別に詳しく解説するので、ぜひ読んで確認しておきましょう。

デザイン制作にかかる日数

現在企業向けの広告には色んな手法が導入されています。宣伝や告知にあたってはネットを導入する企業が多いですが、今ある企業看板をさらに有効活用することで、広告力を向上させたいと考える企業も多いでしょう。

通勤や通学などの機会に毎日目にする企業看板は、記憶にインプットされやすく、地域に密着した広告力として優れています。では、もしも現在の企業看板にテコ入れを行い、改めて製作を行う場合にはどのぐらいの日数を要するものでしょうか。企業看板の見直しを行う場合には、まずはデザインの起案から始まります。

デザインの内容によって日数は異なる

企業の看板には色んなパターンがあり、文字だけの場合もあればイラストやロゴが多用されている場合もあります。文字だけの場合の方が完成までの日数は短く、一般的に1~4日程度です。イラストやロゴも生かす場合には5~14日程度、入稿するためのデータを作成するための期間は平均的に1週間未満です。

デザインの日数を短くしたい場合、企業側で大まかなイメージを提示するとイメージが固まりやすくなります。なお、ご希望に沿う内容に至るまでは修正が必要です。デザインの修正期間は上記の日数内とは別途に必要です。

看板製作にかかる日数

では、看板の制作にかかる日数とは一体どの程度でしょうか。看板製作は基本的にデザインや製作を受ける企業側の「営業日ベース」で進みます。製作側の営業日ベースで進むため、土日祝や企業側の定休日は除いて考える必要があります。看板製作は看板の種類や素材によって異なります。

パネルやプレートスタイル看板の製作と設置

一般的に知られるシンプルなパネル程度の看板の場合にはおおよそ1週間未満で完成します。プレートと呼ばれるタイプも同様です。設置自体はスムーズに行いやすく、1日程度で完成します。シンプルだからこそ、デザインにこだわりたいスタイルの看板です。

スタンド看板は製作日数のみ

カフェやレストランのメニュー、美容室などの呼び込みなどで使われている人気のスタンド看板は、製作までにパネルタイプよりも時間を要します。企業側の入り口の案内などにも応用できる看板です。簡易的な使われる方が多いですが、使い勝手のよい看板として導入する企業も多くなっています。

製作にはおおよそ10日未満程度の日数は見ておくようにしましょう。置くだけで設置できる看板なので、設置日数は不要です。

アピール力抜群の袖看板の製作と設置

ビルやテナントなどの建物に沿うように設置する袖看板は、看板業界の王道です。大きく設置することで通行人の認知度もグンとアップするため、すでに設置されている企業も多いでしょう。

袖看板の見直しを検討する場合には、パネルタイプと同様に10日未満程度の日数を要します。設置には高所作業を要することも多く、最大2~3日間は必要です。

限られたスペースを生かす窓面シートスタイルの製作と設置

袖看板とは異なり、ビルやテナント等の窓に看板を貼るスタイルも限られたスペースを有効に活用できるため人気です。こちらのスタイルは製作期間が短く、おおよそ1週間満で完了します。設置も数日確保すればOKです。

おしゃれさアップの文字看板の製作と設置

テナントやビルの入り口、エントランスのデザインにも好評の文字看板は、製作期間に時間を要します。文字を立体に加工する時間が必要だからです。使用する素材が金属であるため、慎重な作業を要します。製作日数は数週間程度かかり、1~3週間は見ておきたいところでしょう。

既存の看板を立体のアイディアへ変更するだけでも今っぽさが増し、素敵な雰囲気へとチェンジできます。なお、設置に関しては数日程度あればOKです。

看板の設置工事にかかる日数

では、看板の設置に関する工事について、細かく上記で種類別で触れましたが、おおまかには一体どの程度の日数を見ておくべきでしょうか。看板の設置を急ぐ、という場合には今回の記事で述べたようにデザインや製作の日数を踏まえておく必要があります。どんなに早急に仕上げたいと感じても、加工に時間を要する看板もあります。

看板の設置工事に至るまでの奥底を考えると、設置完了までは短くても「1か月」は見ておきたいところでしょう。デザインの修正を重ねる場合には設置までこれ以上の期間を要します。

施工には天候や撤去も影響

看板の設置工事を施工する際には、既存の企業看板を撤去することも想定されます。この場合、既存の看板の解体作業を終えてから、次の看板を設置することになるため設置日数にはさらなる期間を要します。

加えて、設置は外装部分に該当するため天候の影響を受けやすくなります。投機や梅雨時期、台風時期は日程が延びる可能性もあるため注意しましょう。また、作業内容や設置によっては道路交通にも影響するため、申請して許可を得ておく必要があります。

まとめ

今回の記事では、看板のデザインや設置に関して、納期の視点から詳しく解説を行いました。ネットが普及しているとはいえ、街中で素敵に輝く看板の需要や効果が低下しているわけではありません。

企業の看板は「顔」となる部分です。だからこそ、既存の看板のデザインやスタイルは定期的に見直し、記録に残るように努力しておく必要があります。設置の際には1か月以上かかるケースが多いので、充分にゆとりを持って依頼するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

和風デザインの看板にすることで、日本独特の風合いを演出できます。スタンド看板や電飾看板などがあるため、お店のコンセプトあったものを選ぶことで集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。そこ
続きを読む
看板工事のタイミングを夜間に設定することには、様々なメリットとデメリットが存在します。交通のスムーズさや安全対策、ビジネスへの影響、スタッフの作業効率など、夜間工事の選択には検討が必要です。
続きを読む
看板製作・施工は、数々のステップを踏みながら進行しますが、その中で発生するトラブルは避けられません。本記事では、看板製作業者がよく直面するトラブルとその回避策、そして信頼できる製作会社の選び
続きを読む