看板は安全点検が重要!事故を防ぐためのポイントをご紹介

公開日:2024/03/15  最終更新日:2024/01/17

?

看板は企業の顔ともいえる重要な広告媒体です。しかし、その安全性を確保するためには、定期的な点検が不可欠です。定期的な点検を怠ってしまうと、事故の危険性が高くなり、法的なトラブルにつながる可能性があります。そこでこの記事では、看板の安全点検の重要性とその方法についてくわしく解説します。

看板は日頃からの点検が必要?

看板は日頃からの点検が必要です。

建物の外側に設置された看板は、風雨や日光に晒され続けるため、劣化や損傷が起こりやすく、これらを放置すると思わぬ事故を引き起こす危険性があります。

とくに高い場所にある看板や大きな看板は、老朽化による落下や倒壊のリスクがあり、高さが4メートルを超える看板や表示面積が大きい看板は、2~3年ごとの更新時に安全点検の報告書提出が必要です。看板の種類によって、異なるリスクが存在します。

たとえば、壁面看板は劣化や強い風雨によって剥がれ落ちる危険があり、定期的な目視確認やボルトの点検が必要です。袖看板は、取り付け部分の壁の腐食や破損のチェックが重要で、雪が積もった際の重みによる落下も考慮する必要があります。

置き看板は、強風によって飛ばされることがあるため、重りをつけるなどの対策が求められます。電飾付きの看板の場合は、漏電の有無を定期的にチェックすることが重要です。

看板による事故を予防しよう!点検方法とは?

看板による事故を予防するための点検方法には、さまざまなポイントがあります。

まず、看板の種類によって異なるリスクを理解し、それぞれに適した点検方法の採用が重要です。以下に、主な看板の種類とその点検方法を紹介します。

壁面看板の点検

壁面看板は、店舗の入口などの見やすい壁面に取り付けられるタイプの看板です。

これらの看板は、劣化や強い風雨によって剥がれ落ちる危険があります。定期的にボルトの緩みや、看板自体の損傷がないかの確認が必要です。特に、看板が高い場所にある場合は、落下による重大な事故につながる可能性があるため、注意が必要です。

袖看板の点検

袖看板は、建物の壁面から突き出す形で取り付けられる看板で、とくに狭い場所でよく使用されます。

このタイプの看板では、取り付け部分の壁に腐食や破損が生じていないかのチェックが重要です。また、雪が積もる地域では、雪の重みで看板が落下する可能性もあるため、雪が降った後の点検も必要です。

置き看板の点検

置き看板は地面に置くタイプの看板で、強風によって飛ばされることがあります。

そのため、重りをつけるなどの対策を取るか、風の強い日には屋内にしまうことが推奨されます。キャスターの付いたタイプは、必ずロックの確認もしましょう。電飾付きの置き看板の場合は、漏電がないかの定期的なチェックも大切です。

電飾付きの看板を点検する際は、必ず電源を切っておきます。看板の点検は、見た目上の美観だけでなく、安全性を確保するためにも非常に重要です。とくに、高い場所にある看板や大きな看板は、老朽化による落下や倒壊のリスクが高まるため、定期的な点検とメンテナンスが必要です。

点検の依頼先と実施周期について

看板の点検は、その安全性と機能性を維持するために不可欠です。

とくに屋外に設置されている看板は、日々の気象条件や環境の変化に晒されているため、定期的な点検が必要です。点検を怠ると、看板の劣化や損傷が進行し、最悪の場合、看板が落下するなどの事故につながる可能性があります。

点検の依頼先としては、看板製作会社や専門のメンテナンス業者が一般的です。これらの業者は、看板の設置状況や材質に応じた適切な点検方法を知っており、必要に応じて修理やメンテナンスを行います。

既に契約している製作会社がある場合でも、ほかの業者のサービス内容や料金の比較検討は、コスト削減やサービスの質向上につながります。点検の実施周期については、看板の材質や設置環境、地域の気候条件によって異なるものです。

しかし、一般的には年に1回以上の点検が推奨されています。とくに木製や金属製の看板は、変色や錆び、劣化が進みやすいため、定期的な点検が重要です。また、高い場所に設置されている看板や、人通りの多い場所にある看板は、安全性の観点からも頻繁な点検が必要です。

看板の点検とメンテナンスは、企業の責任として重要な役割を果たします。看板は企業の顔ともいえるため、その状態は直接企業のイメージに影響を与えます。安全で魅力的な看板の維持で、企業の信頼性とプロフェッショナリズムを示せるのです。

まとめ

看板の安全点検は、事故防止と法的責任を果たすために重要です。看板は劣化しやすく、とくに高所や大型のものは落下のリスクが高いため、定期的な点検が必要です。点検方法は看板の種類によって異なり、壁面看板や袖看板、置き看板などそれぞれ特有のリスクがあります。点検の依頼先は看板製作会社や専門業者で、年に1回以上の点検が推奨されています。看板の状態は企業のイメージに直結するため、安全で魅力的な看板の維持は企業の信頼性を高める要素です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

集客はビジネス成功の鍵ですが、多くの企業がこの分野で苦戦しています。ただやみくもに集客するのではなく、集客がうまくいかない理由を理解し、効果的な戦略を立てることが重要です。そこでこの記事では
続きを読む
看板は企業の顔ともいえる重要な広告媒体です。しかし、その安全性を確保するためには、定期的な点検が不可欠です。定期的な点検を怠ってしまうと、事故の危険性が高くなり、法的なトラブルにつながる可能
続きを読む
和風デザインの看板にすることで、日本独特の風合いを演出できます。スタンド看板や電飾看板などがあるため、お店のコンセプトあったものを選ぶことで集客力があがり売り上げアップに繋がるでしょう。そこ
続きを読む
看板製作関連コラム